DB's PRIDE④

DB's PRIDE

1回生の早い段階でDBに配属された私。また、早い段階から上回生の練習に混ぜてもらえるようになりました。1回生ながら秋のリーグ戦にスターターとして出ることになったTも一緒でした。

上回生に混ぜてもらえるようになった後、早い段階で当時4回生の高村さんから次の言葉を言われました。

「DBはこけたら死刑や」

この言葉の直接的な意味は、次のようなものです。
DBはディフェンスの最後の砦であって、タッチダウンを防ぐために、ボールを持って走るキャリアーを最後まで追いかけ続けなければならない。それがDBの責任であり存在意義である。途中でこけるなどは自らの存在意義を否定する行為である。

そしてこれは、次の意味を含んでいます。
最後の最後までタッチダウンを防いで戦うのはDBである、という意味。そして、DBがタッチダウンを防ぐために最後まで戦っていれば、必ず他のディフェンスメンバーがタックルしてくれる、という意味。

実はこれこそが、「DB's PRIDE」です。

どれだけDLやLBが頑張ったとしても、それですべての攻撃を止められることはなく、DBがいなければタッチダウンになってしまう。DBがいなければディフェンスは成り立たない。
反対に、DBですべての攻撃を止められることはなく、DL、LBがタックルしてくれることを信じて自らの身を挺する。
それがDBのプライドである。

この言葉は、現役時代を通じて、そして今でも私の胸に深く刻み込まれている言葉です。DBとは何たるか、いかにあるべきか、そして、アメフトとは何たるかを表したものだと思います。
自分は自分の役割を全うせねばならず、そのために最大限の努力をしなければならない。しかし、自分が出来ることは限られているのであり、仲間の協力がなければ目的は果たせない。与えられた役割を自覚したうえで、努力し続けなければならない。

これはアメフトというスポーツに限られたことではなく、社会人としても、一人の人間としても妥当することではないかと思います。

こうして、1回生の早い段階で「DB's PRIDE」を植え付けられた私でしたが、まだまだこの段階では「お客さん」。次へ続く。